ビートルキャンプとは??【本当に稼げる仕組みを解説します】

ビートルキャンプ(beetlecamp)は,個人と個人を繋げてくれる,マッチングサービスです。(P2P取引といいます)

なぜ個人と個人をマッチングしてくれるのか?それは個人間で取り引きを行うためです。

何の取り引きか?簡単に言えば「転売」です。メルカリヤフオクなどは有名ですね。
しかしビートルキャンプでは現物の在庫を抱えることはありません。商品はネット上にのみ存在します。

そのネット上の商品を仕入れたり売却したりして,個人間で取り引きをしながらお金を動かして稼いでいく。それがビートルキャンプです。

投資」と「転売」のいいとこ取りと考えて良いでしょう。

投資や転売の要素が絡むからには,リスクがゼロでは当然ありません
どのようなリスクがあるのかも含めてお伝えしようと思います。

どこよりも分かりやすく,解説していきますね!

ビートルキャンプの商品。それはカード。

ビートルキャンプで扱う商品は「カード」です。実物ではなくネット上に存在するカードですね。

このカードを仕入れて,数日後に売却して利益を出していくのです。
カードは現在6種類あり,キャラによって仕入れの価格帯や手数料,購入後の保有期間,利益率が異なります。

購入できれば利益は確定する

ビートルキャンプでは,カードを購入できれば,その時点でもう利益は確定したと言えます。

どういうことか?各カードには購入後一定の保有期間が決められており,保有期間後は利率が上乗せされた価格で必ず売れるということです。

自分が購入する(仕入れる)ときは仕入先(販売者)を,自分が売却する時は購入者を,自動でマッチングしてくれるのがビートルキャンプなのです。
取り引き自体は個人間だけど,その取り引き相手を勝手に探してくれるのですから,これはすごいことですよね!

メルカリやヤフオクではありえないことです。誰から買うか,誰に売るか。個人間取引では自分で探さなければならないのが普通です。
転売ですから仕入れた時より高く売らないと利益はでないし,でも高すぎると売れないし。。個人間取引は自分で判断して決めなければいけないことが多くて,慣れていなければ本来はとても面倒なものです。

その面倒を全て取っ払って,購入先も売却先も勝手に決めてくれる,そして確実に利益が出る価格で売れる。ビートルキャンプはそんなマッチングのプラットフォームです。

日々やることと言えば,自動でマッチングされたカードの販売者に代金を送金することと,同じく自動でマッチングされた自分のカードの購入者から自分の口座への振り込みを確認することくらいです。

ビートルキャンプに参加するにあたっては,この仕組みを完全に理解することが最優先です。完全に理解した状態で臨めば,毎日安心して取り引きを行えますし,トラブルも最小限に抑えられるでしょう。

完全に理解するといっても,他のビジネスのように何日もかけて勉強してから始めるなんてことは必要ありません。ビートルキャンプは非常にシンプルです。

僕もビートルキャンプを知ったその日に,システムを完全に理解してすぐにスタートさせました。

理解を深めるためにもう少し深く見ていきましょう!

カードの種類について

現在,キャラは全部で6種類。

  • レッドキャタピラ(CATE)
  • セブンスターライト(LADY)
  • ジャイアントムラサキ(PURP)
  • ゴールデンオニクワガタ(STAG)
  • ヒノマルキング(BEET)
  • ゴッドヒジリ(HOLY)

です。ビートルキャンプという名前だけにキャラクターは虫ですね(^^;

ビートルキャンプのカード

各キャラの価格帯や利益率などは以下の通り。

カード 価格帯 手数料 利率 保有期間
CATE 9,900~44,400円 300円 12% 4日
LADY 19,800~85,200円 600円 14% 5日
PURP 39,600~154,800円 900円 16% 6日
STAG 69,300~262,200円 1,200円 18% 7日
BEET 118,800~426,600円 1,500円 20% 8日
HOLY 178,200~588,600円 1,800円 22% 9日

 

例えば,25,000円でレッドキャタピラ(CATE)のカードを購入できたとしましょう。
あなたはそのレッドキャタピラの販売者に25,000円を振り込みます。

すると販売者はレッドキャタピラのカードをあなたに送ります。これであなたは商品(レッドキャタピラ)を所有(保有)している状態になります。個人間の売買成立です。

購入後は必ず一定期間保有した後に,次の購入者と自動でマッチングされます。
レッドキャタピラの保有期間は4日間なので,4日後に利率12%を上乗せされた価格で購入者に販売されます。
あなたが購入したのが2/1だとすれば,4日後の2/5に
25,000円×1.12=28,000円
で販売されます。

つまり,カードを購入して,一定期間保有しているだけで勝手に価格が上がり利益が生まれるのです。あなたは購入者からの振り込みを確認したら,ネット上でレッドキャタピラのカードを相手に送信するだけで終了です。(送信はボタンをクリックするだけ)

今回の場合は4日の保有で3,000円の利益です。(実際はビートルキャンプの手数料と,銀行によっては相手への振込手数料がかかります)

一番安いレッドキャタピラを例にとったので金額が小さめですが,少し慣れてきてジャイアントムラサキやヒノマルキングなどを取り引きできるようになると,一度の売買で利益が数万円になってきます。手数料を差し引いたとしてもです。

これを毎日行えば,会社員の月給くらいなら余裕で越えられることは簡単に想像できますよね!しかも日々の作業は初心者でも20分くらいです。

カードは確実に購入できるわけではない

カードを購入できればその時点で利益が確定と先に書きましたが,カードはあなたが仕入れたい分だけ好きに購入できるわけではありません

これは冷静に考えれば当然のことなのですが,ネット上のやり取りとはいえ行っているのは商品の転売です。個人間の取り引きですから,買いたい人と売りたい人がいるわけです。

ビートルキャンプは,数日後に確実に売れるというサービスですので,売りたい人よりも買いたい人が多くなければそもそも成立しませんよね?売りたい人の方が多ければ売れ残りが発生してしまいます。

ビートルキャンプでは運営においてキャラの総数を厳格に管理しておりますので,売り手よりも買い手が多くなるように調整されています。

そして購入については,先着順などではなく抽選となります。みな平等です。
ですからビートルキャンプを早く始めた人だけが有利になるということではないのですね。始めるのが遅ければその分稼ぎ始める時期があとにずれますが,始めるのが遅かったからといって稼げないということはありません。

カードの当選率(購入できる権利の当選率のこと)は日々厳格に調整されますので,購入できる人の方が圧倒的に少なくはなりますが,当選結果を見るまでは自分がどのくらい当選したのかは分かりません。

当選するということは当然誰かから購入するということですから,仮に全部当選した場合でも必ず購入できる範囲でエントリーしていくことが重要になります。

カードの申し込みにはチップが必要

カードを当選させるために,日々エントリー(申し込み)していくわけですが,エントリーにはチップというものが必要になります。

先ほどの表に手数料とありますが,この手数料はそのまま日本円で支払うのではなく,あらかじめビートルキャンプの運営からチップを自分の必要な枚数購入しておいて,エントリーする際にそのチップを手数料として払う形になります。

チップは1枚100円で,残数が少なくなってきたら追加購入していくという感じですね。ちなみに最低購入枚数は50枚です。つまりビートルキャンプ5,000円から参加できてしまいます。ネットビジネスを始める初期投資としては破格ですね!

レッドキャタピラの手数料はチップ3枚なので,表には300円と記載してあります。

チップは,カードを申し込みした時点で一旦消費されてしまいますが,もしエントリーしたカードが外れてしまった場合はチップが戻ってきます

当選した場合は利益が確定,落選の場合は手数料が返還される。
つまり手数料に関してはリスクが何もありません。損をすることが無いのです。
なんて太っ腹な会社なんでしょう。

ビートルキャンプ登録ページはこちら

ビートルキャンプ完全招待制です。
【推薦者コード】が必要になるので,僕のコード【palmetto】を入力してください。
登録方法についてはこちら

個人間の取引を円滑に進めるために

ビートルキャンプに日々取り組んでいく中で,個人間の取引をできるだけ円滑に進めていくために気をつけた方がいいと思う点を挙げていきたいと思います。

世の中にはいろんな人がいます。余計なトラブルはできる限り避けていきましょう!

取り引きは誠実に早めに

ビートルキャンプではカードの抽選が毎日12~18時に行われます。その間ログインはできません。
18時以降にサイトを確認するとその日の抽選結果やマッチング結果が確認できます。
※抽選結果や振込み完了などのタイミングで,運営さんからメールが届くようになりました!

ビートルキャンプ公式のルールでは,当選した場合の振り込みは原則翌日の午前10時まで,最終期限は昼12時までと決められています。
しかし期限ギリギリの取り引きというのはお互いあまり気持ちの良いものではありません。
購入の際の振り込みは当日中に済ませるのがベストです。

カードの送信は基本的に購入者からの着金を確認してからで大丈夫です。
ただし送信期限は抽選後72時間以内というルールがあります。

ビートルキャンプの抽選は土日祝日関係なく毎日行われますので,銀行によっては土日は入金の確認がそもそもできませんね。(後述しますがビートルキャンプの取り引きには24時間振込みや確認が行えるネットバンクの利用だけに制限されています)

特に,当選した場合の購入(マッチング相手への振り込み)は当日中に迅速に行い,取り引き相手に余計なストレスを与えないように心がけることが大切です。

参加は簡単でゲーム感覚で取り組めるが,自分は事業主で相手は取引先であるという意識をもつ

ビートルキャンプの取り引きはネット上で完結するし,商品もネット上のものなので現物の在庫でないため,どこか安易に考えてゲーム感覚で臨んでしまいがちです。
また取引相手もビートルキャンプが自動で探してくれるので,作業は非常に簡単ですが,行っていることは紛れもなく正式な「取り引き」です。

当選したらラッキーというような安易な考えではなく,自分の口座の残高を常に意識して,仮に全部当選したとしても確実に送金できる範囲でエントリーすることが大事です。

各カードの値段は価格の範囲は決まっていますが,実際に自分が購入する金額は当選したときでないと分かりません。
ですので,エントリーするカードの価格の最大値×全部当選した場合のエントリー数で,最大の送金金額を計算し,最大限に当選しても大丈夫と自分で分かった上でエントリーしましょう。

相手は取引先,つまり商品の仕入先です。
自分で「買います」といっておいて「やっぱり無理です」なんて簡単にいってしまったらただ自分の信用を失ってしまうだけで何も良いことはありません。

取引相手との連絡は誠実に

マッチングして成立した相手は,取引先です。
自分が購入する時は「仕入先」であるし,自分がカードを手放すときは「お客さま」ですね。同じゲームに参加している人,というような安易な考えはやめたほうがいいと思います。

よって,連絡を取らなければいけない場合でも,相手は取引先なのだから誠実に対応しなければいけません。

送金を早くするように乱暴に促したり,商品(カード)をはやく送るように催促したりなんていうのはもってのほかです。

送金期限の12時までというルールを相手が守らなかった場合のみ,丁寧で誠実なメッセージを送るようにしましょう。
また自分側に過失があり,時間通りに送金や商品の送信ができない場合も,それが分かった時点で相手に誠実なメッセージを送りましょう。

ビートルキャンプはマッチングのプラットフォームです。
ビートルキャンプ本部の役割はマッチングであり,マッチング成立後は取引相手との直接のやり取りが基本です。個人対個人です。
本来は何か問題が発生しても,その個人間で完結しなければならない取引です。

しかし相手側に何か過失があれば,ビートルキャンプ本部に相談すれば解決してくれます
相手が送金してくれない場合は本部がまた違う相手と自動でマッチングしてくれます。
その相手には当然ペナルティが発生します。(7日間の抽選参加禁止やカードの成長ストップなど)
相手の過失具合によっては本部はその方のアカウントを凍結しますので,そのような不誠実な人は常にビートルキャンプから自然に排除されていきます。

本来個人間の取引きなのに運営本部がこのような対応をしてくれるおかげで,安心感をもって日々取引を行うことができるわけです。

送金の確認は確実に

ビートルキャンプの作業は非常に簡単なので,慣れてくると流れ作業のようになってしまいがちですが,取引きは個人間で行われますし,人によって個人差はあるものの相当な金額を日々やり取りします。

送金の相手を間違ってしまった・金額を間違ってしまったなどということに関しては,当たり前ですが運営本部に責任はありません。
もしそのようなミスを起こしてしまった場合には,当然個人間でやり取りをして解決することになります。
そういった送金ミスをなくし,相手との余計なやり取りをしなくて済むように,たとえ作業に慣れてきたとしても送金作業だけはしっかり送金先と金額を確認し,確実に行いましょう。

取り引きに利用する銀行について

ビートルキャンプの取り引きはネットバンクの利用のみに限られています。

普通の銀行ですと土日は着金が確認できなかったり,時間帯によっては振込みができなかったりなどの障害が生じます。しかしビートルキャンプの取引は土日関係なく毎日行われますので,取り引き相手に迷惑がかからないように迅速な対応を心掛けなければなりません。

その場合に非常に便利なのがネットバンキングです。基本的にいつでもどこでも確認できますし,自分が振り込む場合でも好きな時間に行えますので。

ちなみに僕は住信SBIネット銀行を使っていますが,これまで何の問題もなくスムーズに取引ができています。振込みの際の手数料も他の銀行より安めなのでおすすめです。
他にも人気の銀行は,GMOあおぞらネット銀行楽天銀行などですね。

ビートルキャンプ登録ページはこちら

ビートルキャンプ完全招待制です。
【推薦者コード】が必要になるので,僕のコード【palmetto】を入力してください。
登録方法についてはこちら

実際の収益公開

僕は2月の7日からビートルキャンプで取り引きをスタートさせました。
収益が出始めたのが2/13からです。

2月の確定収益は144,230円でした。
3月は237,888円。

2ヶ月の累計は382,118円です。
月利で言うと35%くらいです。普通の投資ではまずありえない利回りですね!

運営さんが厳格に管理をしてくださっているので,カードが当選しすぎることがなく安心して取引を行えたのですが,カードの抽選申込数に対して当選数がかなり少なかったので,欲を言えばもうちょっと当選させて欲しかったなぁ~という感じです(^^;

ただ,当選率の厳格な調整はP2P案件においては何よりも重要なことですので,運営さんはとても頑張ってくれているなぁという印象ですね!

ビートルキャンプで取り引きするリスクと僕の考え

知らない人に個人情報を知られる

ビートルキャンプに参加するにあたってここは当然考えることだと思います。
自分の口座から日々大きな金額が出たり入ったりするし,相手に自分の名前や連絡先などの個人情報が行ってしまいますので。

しかし相手は「取引先」なわけで,その取引先に自分の情報をいっさい与えない,相手の情報も知らないというのはどんな商売をしていても通常ありえないことですし,むしろその方が不安ではないでしょうか?

知らない人に自分の口座番号や電話番号が知られるのは絶対に嫌という人は,ビートルキャンプには参加されない方が良いと思います。
もしくは,ビートルキャンプ専用に新たに携帯電話を契約したり,取引専用の口座を個人名ではなく屋号で開設したりといった対策も有効だと思います。

マッチングした相手から振込みされない,または振込みをしたのに商品が送られてこない

取り引きは完全に個人間で行われますので当然このような問題が発生してしまうことも考えられます。

特に参加者が急増していけば,「楽に稼げる」といったイメージのみが先行して,ルールをよく理解しないままゲーム感覚で気軽に参加してくる人もいるかもしれません。
その結果自分のキャパ以上に当選してしまい相手に送金できなくなってしまったり。

まず第一にルールをしっかりと理解した上で参加するのが最低条件です。
自分は事業主であり相手は取引先という認識をしっかりと持ち,誠実な対応を心がけましょう。

ただ,いくらあなたがそのような誠実な態度で臨んだとしても取り引きは相手があってのことですから,相手側に明らかな過失がある場合がでてきます。

本来は個人間の問題のはずですが,先にも説明した通り,ビートルキャンプの運営本部はこういった問題を一緒に解決に導いてくれます。
送金したのに商品が送信されない場合であっても,72時間後に自動的にカードが送信されますし,マッチング相手から振込みされない場合はまた別の相手を探してくれます。

このようなサポートがあるからこそ,日々安心して個人間取引が行えるのです。

保有期間が最大のリスク

カードを保有している期間が,ビートルキャンプに参加するにあたっての最大のリスクといえるでしょう。

保有していることを証明できるのはビートルキャンプのサイトが存在するからこそです。保有している間にビートルキャンプがなくなってしまう(飛んでしまう)可能性も,当然ゼロとは言い切れません。

そうなれば,選択肢はありません。ただ,諦めるだけです。
運営がお金を預かっているわけではありませんからね。お金は,取引をした相手のところに行っています。既に相手のお金ですよね。

不安にさせてしまったらすみません( ;∀;)
投資という要素が絡む以上は全て自己責任のもと参加しなくてはなりません。

そのリスクを考えた上でも,僕はビートルキャンプに参加します
この会社を信じることにしたからです。

以下を読んで頂けたら不安も少しは和らぐかもしれません。

後から参加した人が損をする,ねずみ講のようなものではないのか?

ここを心配されている方は非常に多いでしょう。

僕がどうしてビートルキャンプに参加したかというと,ここの疑問をしっかりと解決できたからということが大きいです。

ビートルキャンプのしくみをサラッと聞いただけだと,やはりどこか怪しく感じませんか?

「確かに早く参加している人は稼げるのかも知れないけれど,それって新しく入った人をカモにできるからじゃないの?」

このような考えが浮かぶのは全く不思議ではありません。
むしろ自然な疑問でしょう。
商品(カード)の価格は上がり続けていくのだから,参加人数が増えなければ利益はでないよね,新しく参加した人はむしろカモられて終わりだよね,人は無限にいないんだから,どこかで終わりがくるよね。そんな疑問が湧いてきます。

上記の疑問のうち,一つだけは正しいです。
終わりは来るということです。
正確には,個人間の口座を使って振り込みを行うような現在のビートルキャンプとしてのサービスには終わりが来て,会社自体は次のフェーズに移行していくということです。

ビートルキャンプの運営会社は,サービス展開の主戦場を海外で行うことを計画している案件なのだそうです。その準備段階として日本ブランドを強化させるサービスが,現在のビートルキャンプということです。

こういったP2Pの案件は他にもたくさんありますが,そのサービスをどのような形で終焉させるか。いわゆる出口戦略というものが大事になってきます。

せっかく稼げるのだから終わらせないで欲しい,と思う方も多いでしょうがこういったサービスは膨張させ続けてしまうとどこかで必ずバランスが崩れていくのです。過去にもそんな風に消えていった案件はたくさんあります。

サービスを開始する段階で,いかに美しく(つまりは誰も損をしない状態で)終わらせるかということをどれだけ明確に描けるかが重要なのです。

その点においてビートルキャンプは,海外展開の準備が整った時点で最終的に運営会社が全てのカードを買い取る,と既に宣言しています。

本当にすごいことだと思います。全部買い取っても全く大丈夫なくらい,大きな会社になるということです。
だから僕はビートルキャンプに参加しています。この会社を信じているのです。

海外展開後はどんなサービスになるのかは僕には分かりませんが,僕たちにも何かしら恩恵のある内容であればいいなと思っています。

ビートルキャンプを本当に信用していいのか?

人それぞれ違う考え方があって,それぞれの生き方,働き方があります。
当然ビートルキャンプにもリスクは0ではありません。
そもそもリスクが0の働き方や会社など存在するでしょうか?

特に昨年2020年からは,経済の在り方が大きく変わりました。たったの1年もかからずに。
元の経済に戻るというよりは,これを起点に変わっていくと考えた方が自然だと思います。
将来も安泰と思われていた大企業が次々と倒産し,昨日まで優秀な社員だった人が突然リストラされ路頭に迷って苦し紛れに誰でもできるようなバイトを始めているような現状です。

あの大企業に就職したら一生安泰,公務員になったからもう大丈夫,なんていう時代はとっくに終わっているのです。リスク0の就職先などどこにもないのです。

であれば,どうにかして自分の頭で考えてお金を手に入れなければ生きてはいけない時代なわけです。
正直,僕もビートルキャンプを知って,参加するまではとても不安でした。
しかし何を選んだとしてもリスクがある時代だし,もう自分には失うものなどないよなと開き直って,エイヤーと始めました。

毎日の抽選状況にもよりますが,満足いく分のカードが購入できれば月利50%も決して夢ではないです。投資としてはまずありえないことです。
月利50%ということは2ヶ月ほど同じ金額で運用したら元金が回収できてしまいます
本当にありえない世界です。

そして元金を回収できたなら,その先は何のリスクもありません。ただ毎月毎月利益を出していくだけです。
たとえ万が一ビートルキャンプが無くなっても,もう元金は回収し終わっていますからマイナスにはなり得ません。
その安心感があれば,さらに加速して取り組めそうですよね!

何を信じるのも自由。何を信じないのも自由。
そんな自由な世界で,僕はビートルキャンプを信じることから始めてみることにしました。

この会社を毎日疑いながら取り組むこともできます。それも自由。
だけどこんなにも毎日関わらせてもらって,自分の収入に直結する作業をしているのだから,疑いながら取り組むのはなんだかつまらないなと思ったのです。

実際に利益として日々自分のお金が増えているわけだし,この会社を信じて,一緒に楽しく日々を過ごして成長していけたらなと思います。

長くなってしまいましたが僕はこういった心持ちでビートルキャンプに取り組んでいます。
このブログで日々の結果をありのままに報告していきますのでよろしくお願いします。

 

ビートルキャンプ登録ページはこちら

ビートルキャンプ完全招待制です。
【推薦者コード】が必要になるので,僕のコード【palmetto】を入力してください。
登録方法についてはこちら